VB.NET EXCEL操作 新規ブック作成

こんにちは、ひろにもです。

今回は、VB.NETを使ってEXCELのブックを作成する方法を紹介します。

他にもEXCEL操作関係の記事を記載していますので、参考にしてみてください。

VB.NET EXCEL操作 値入力
VB.NET EXCEL操作 罫線を引く
VB.NET EXCEL操作 背景色を付ける
VB.NET EXCEL操作 フィルター設定

EXCEL操作 事前準備 参照設定

VB.NETでExcelの操作をするには、参照の追加をする必要があります。

ソリューションエクスプローラーの参照を右クリック→参照の追加→COMを選択→右上の検索ツールで【excel】と入力

→Microsoft Excel xxx Object Libraryを追加してください。xxxの部分はバージョンによって異なります。

これで操作する準備が整いました。

ソースで使用するにはインポートしてから使用しましょう。

Imports Microsoft.Office.Interop

それではよく使うEXCEL操作をまとめていきます。

サンプルソース

最初に、ボタンを押下すると、新規ブックを作成するサンプル載せておきます。

Imports Microsoft.Office.Interop

Public Class frmExcel
    Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click

        'EXCEL変数
        Dim excelApp As New Excel.Application()
        Dim excelBooks As Excel.Workbooks = excelApp.Workbooks
        Dim excelBook As Excel.Workbook = excelBooks.Add()
        Dim sheet As Excel.Worksheet = excelApp.Worksheets("sheet1")

        Try

            excelApp.Visible = False

            sheet.Cells(1, 1) = "Hello World"
            sheet.Cells(2, 1) = "ようこそ"
            sheet.Cells(2, 2) = "ひろにもブログへ"

            excelBook.SaveAs("D:\NewExcelBook.xlsx")

            MessageBox.Show("処理完了")

        Catch ex As Exception
            Throw
        Finally
            excelApp.Quit()
            Call System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(sheet)
            Call System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(excelBook)
            Call System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(excelApp)
        End Try
    End Sub
End Class

結果

新しいEXCELブックを開く

'Excelを起動する
Dim excelApp As New Excel.Application()
Dim excelBooks As Excel.Workbooks = excelApp.Workbooks
Dim excelBook As Excel.Workbook = excelBooks.Add()
'excelを見えるように表示する
excelApp.Visible = True

 

既存のEXCELブックを開く

Dim excelApp As New Excel.Application()
Dim excelBooks As Excel.Workbooks
excelBooks = excelApp.Workbooks
excelBooks.Open("D:\hironimo.xlsx")
excelApp.Visible = True

 

Excelの指定したセルに値を入力する

'Excelを起動する
Dim sheet As Excel.Worksheet = excelApp.Worksheets("sheet1")
sheet.Cells(1, 1) = "Hello World"
sheet.Cells(2, 1) = "ようこそ"
sheet.Cells(2, 2) = "ひろにもブログへ"

 

Excelを保存する

excelBook.SaveAs("D:\NewExcelBook.xlsx")

 

Excel任意のセルのデータ取得

Dim excelApp As New Excel.Application()
Dim excelBooks As Excel.Workbooks
excelBooks = excelApp.Workbooks
Dim excelBook As Excel.Workbook = excelBooks.Open("D:\NewExcelBook.xlsx")
Dim sheet As Excel.Worksheet = excelApp.Worksheets("sheet1")
excelApp.Visible = True

Dim msg As String = sheet.Cells(1, 1).value
MessageBox.Show(msg)

 

Excelを閉じる

excelApp.Quit()

Excelを閉じるだけでなくオブジェクトの開放もしましょう。

Call System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(sheet)
Call System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(excelBook)
Call System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(excelApp)

まとめ:新規のEXCELブックを作成し、任意の値を入力、保存して閉じる

'Excelを起動する
Dim excelApp As New Excel.Application()
Dim excelBooks As Excel.Workbooks = excelApp.Workbooks
Dim excelBook As Excel.Workbook = excelBooks.Add()
excelApp.Visible = True
Dim sheet As Excel.Worksheet = excelApp.Worksheets("sheet1")
sheet.Cells(1, 1) = "Hello World"
sheet.Cells(2, 1) = "ようこそ"
sheet.Cells(2, 2) = "ひろにもブログへ"
excelBook.SaveAs("D:\NewExcelBook2.xlsx")

excelApp.Quit()

Call System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(sheet)
Call System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(excelBook)
Call System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(excelApp)

 

今回は、EXCELの操作についてまとめてみました。

セルへの値入力、罫線の引き方、背景色の付け方も是非参考にしてみてください。

 

VB.NETの記事一覧

おすすめの記事