VB.NET 進捗 ProgressBarの使い方

今回は、VB.NETでのProgressBar(プログレスバー)の使い方について紹介していきます。
ProgressBarは、進捗を確認したい時などに使用するコントロールで、進捗率を棒グラフで表示するようなイメージです。

それでは早速見ていきましょう。

ProgressBarの配置

ProgressBarは、ツールボックスにあるのでまず画面に配置しましょう。

こんな感じで画面を作成しました。
プログレスバーとラベルとボタンを使用しています。

 

ProgressBarのプロパティ

配置が完了したら、続いてプログレスバーのプロパティについてみていきましょう。
プログレスバーで使用する基本的なプロパティは3つあります。

プロパティ 最大値 Maximum

1つ目はプログレスバーを作成する時の、最大値を設定するMaximumプロパティです。
プログレスバーを表示する上で、まずは最大値を指定しましょう。設定方法は下記のようになります。

ProgressBar.Maximum = 値

 

プロパティ 最小値 Minimum

2つ目はプログレスバーを作成する時の、最小値を設定するMinimumプロパティです。
最大値の設定の次は、最小値を設定しましょう。設定方法は下記のようになります。

ProgressBar.Minimum = 値

 

プロパティ 現在の値 Value

3つ目はプログレスバーの値は今いくつなのかを設定するValueプロパティです。
このValueを設定することで、プログレスバーの進捗率が変動していきます。

サンプルソース

ここからは、サンプルソースになります。

初めに作った画面をに処理を追加していきます。
最小値:0 最大値:10のプログレスバーを設定し、
ボタンを押下すると、1秒ごとに1ずつ増えていくような処理を記載してみましょう。

Public Class frmProgressBar

    Private Sub frmProgressBar_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load

        Label1.Text = 0
        Label3.Text = 10

        'プログレスバーのプロパティ
        ProgressBar1.Minimum = 0
        ProgressBar1.Maximum = 10
        ProgressBar1.Value = 0

    End Sub

    Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click

        For i As Integer = 1 To 10

            System.Threading.Thread.Sleep(1000)

            ProgressBar1.Value = i
            Label1.Text = i.ToString
            Label1.Update()
        Next

    End Sub

End Class

解説
9~11行目:プログレスバーのプロパティを設定
17行目:10回ループ
19行目:1秒待機
21行目:プログレスバーの値を設定
22行目:ラベルの値を設定
23行目:ラベルの値を画面上更新している。この処理がないと、画面上での数字のカウントがされません。

結果

このように1秒ごとにプログレスバーが進んでいき、カウントアップされたと思います。

 

まとめ

プログレスバーの使用方法についてまとめてみました。
何かの進捗を画面で表示したい時などに利用してみてください。

ProgressBar 3つのプロパティ
  • ProgressBar.Maximum
  • ProgressBar.Minimum
  • ProgressBar.Value

この3つのプロパティを利用することで基本的な操作が可能です。

 

VB.NETの記事一覧

おすすめの記事