VB.NET 実践編1 if文の使い方 コントロールにidを付けよう

こんにちは、ひろにも です。

今回は、if文を使った、プログラムを作ってみましょう。
また、コントロール(ラベルやボタンやテキストボックスのこと)にIDを付ける方法も紹介していきます。

今日のテーマ
  • コントロールにidをつけてみよう
  • if文を使ってみよう

 

まずは、画面のレイアウトを作成してみてください。

画面レイアウト作成

画像の下のように、ツールボックスからTextBoxとボタンとラベルを準備してください。
やり方がわからない場合は、こちらを参考にしてみてください。

 

画面の配置はできたでしょうか。今回は、idの設定方法も解説していきます。

 

コントロールにidを付けよう

 

ものすごく重要です!ものすごく簡単です!

コントロールのidは必ず他と被らないようにしてください。
そのコントロールを特定するために付けるものです。

テキストボックスを使って、説明していきます。
まず、テキストボックスを選択状態にしてプロパティを見てください。

TextBox1 ⇒ txtHironimo に変更します。(わかりやすいのがいいです。)

 

同様に 「実行」ボタン 「答え」ラベル 「1」ラベル にも idを付けてみましょう。
私はこのように付けました。

  • txtHironimo
  • btnHironimo
  • lblHironimo
  • lblHironimo2

 

idの付け方はこれで完了です。
次は、プログラムを組んでいきましょう。

プログラム作成

 

それでは、画面にも記載しましたが、

問題
ボタンを押したとき、テキストボックスが1の時、答えを5と表示してください。
また、テキストボックスが2の時は、答えを10と表示してください。
上記以外は、答えに「なし」と表示してください。

 

if文を使って作ってみましょう!

 

 

 

それでは、ソースはこんな感じになります。
Form1.vb

Public Class Form1

    Private Sub BtnHironimo_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles btnHironimo.Click

        Dim a As String
        a = txtHironimo.Text

        If a = "1" Then

            lblHironimo2.Text = "5"

        ElseIf a = "2" Then

            lblHironimo2.Text = "10"

        Else

            lblHironimo2.Text = "なし"

        End If

    End Sub

End Class

 

型は文字列型に統一して作成しました。型ってなに?

 

ソースを書き込んだら、実行してみましょう。

 

ちゃんと動きましたね!

これで、if文の使い方がなんとなくわかってきたのではないでしょうか?

今回は以上です。

次は、for文の使い方をまとめます。

 

VB.NETの記事一覧

 

おすすめの記事