VB.NET 型変換

今回は、VB.NETでの型変換についてみていきましょう。プログラミングをしていると、結構型変換を使うことが多いので、備忘録としてメモ書きをしておきます。

そもそも型ってなに?って方はこちらの記事から

それではやっていきましょう。

型変換

一覧表

型変換の一覧を載せておきます。個人的に、この5つがよく使う変換なので、載せておきます。

型変換 VB.NET
Integer型に変換する Integer.Parse("123")
Long型に変換する Long.Parse("123")
Double型に変換する Double.Parse("12.3")
Boolean型に変換する Boolean.Parse("True")
String型に変換する。 変数.ToString()

 

VB.NETのみの書き方などもあるので、使用例にはもう少し載せておきます。

 

使用例

プログラムで記載するとこんな感じになります。

VB.NETの場合

Dim int As Integer = Integer.Parse("123")
Dim lng As Long = Long.Parse("123")
Dim dbl As Double = Double.Parse("11.2")
Dim bool As Boolean = Boolean.Parse("True")
Dim str As String = int.ToString()

 

Cint()などで囲むと変換してくれます。だだし、VB.NETのみの書き方でC#ではできないので、注意してください。

Dim int As Integer = CInt("123")
Dim lng As Long = CLng("123")
Dim dbl As Double = CDbl("11.2")
Dim bool As Boolean = CBool("True")
Dim str As String = int.ToString()

 

型変換に関しては、結構使用頻度が高いと思うので、特に覚える必要もないです。(やっていたら自然と覚えてしまいます。)

こんな感じでやるんだと認識だけしておいて、忘れたらGoogleで書き方を調べましょう!

プログラミングは、覚えるというよりは、こんなのがあったなって知識として知っておくと上達が早いです。調べ方を覚えましょう!

今回は以上です。

 

VB.NETの記事一覧

おすすめの記事