VB.NET 2次元配列について

こんにちは、ひろにも です。

前回、配列についてまとめましたが、今回は2次元配列についてまとめていきます。配列がわからない人は先に配列を理解する必要があります。

 

2次元配列とは

2次元配列は、縦と横に配列を設定し、データを格納していくものです。。。少しわかりにくいですね。

例としては、Excelの表をイメージするとわかりやすいかと思います。

Excelのように行(縦)と列(横)のある配列のことを2次元配列といいます。

 

2次元配列の書き方

具体的には、Excelのイメージはこれです。

これをVB.NETの2次元配列で表現すると、こんな感じです。

Dim array2(3, 1) As String
array2(0, 0) = "ひ の身長"
array2(0, 1) = "150"
array2(1, 0) = "ろ の身長"
array2(1, 1) = "160"
array2(2, 0) = "に の身長"
array2(2, 1) = "170"
array2(3, 0) = "も の身長"
array2(3, 1) = "180"

'行の数(縦)
For i As Integer = 0 To 3

    '列の数(横)
    For k As Integer = 0 To 1
        Console.Write(array2(i, k) & " ")
    Next

    Console.WriteLine()

Next

 

結果

ひ の身長 150 
ろ の身長 160 
に の身長 170 
も の身長 180 

 

2次元配列の初期化

こんな書き方もできます。

'2次元配列初期化
Dim array2(,) As String = New String(,) {}

'値代入
array2 = {{"ひ の身長", "150"}, {"ろ の身長", "160"}, {"に の身長", "170"}, {"も の身長", "180"}}

'行の数(縦)
'GetLength(0)で行の数が取得できる
'配列は0から始まるので -1 をする
For i As Integer = 0 To array2.GetLength(0) - 1

    '列の数(横)
    'GetLength(1)で列の数が取得できる
    '配列は0から始まるので -1 をする
    For k As Integer = 0 To array2.GetLength(1) - 1
        Console.Write(array2(i, k) & " ")
    Next

    Console.WriteLine()

Next

 

結果

ひ の身長 150 
ろ の身長 160 
に の身長 170 
も の身長 180 

 

同じ結果になりましたね。

 

2次元配列は、慣れるまで少し難しいですが、イメージはExcelの表をイメージするのがおすすめです

ここまで、2次元配列の説明をしてきましたが、正直、実際のプログラミングをする際には、私はあまり使用しません!

じゃあどうしているの?っというと、VB.NETには、DataTableと呼ばれる型があるためこっちをよく使用しています。

そんなDataTableについて次は見行きましょう。※ちなみに、余談ではありますが、DataTableはVB.NETかC#にしかないので、ほかの言語を使うときは、私はList型を使用しています。

 

VB.NETの記事一覧

おすすめの記事