SQLServer データ抽出 Select文

 

今日は、SQLServerでのSelect文について記載していきます。SQLの一番の基本なので初めての人は是非抑えていってください。

それでは、さっそくやっていきましょう。

Select文とは

Select文とはそもそもなんですか?というと、たくさんのデータから、欲しいデータを抜き取るときに使用するものです。

1番基本的な例から見ていきましょう。

SELECT 
  テーブルの項目1
 ,テーブルの項目2
FROM
  テーブル名

SELECTの部分に項目名、FROMの部分にテーブル名を書いてください。

実際に、SELECT文を書いてみたので、実行してみましょう。

SELECT 
  id
 ,name
 ,animal
 ,height
 ,weight
 ,insDt
 ,updDt
FROM
  hironimoTable

 

これで、テーブル(hironimoTable)のデータを全て取得するという意味のSQLが完成しました。事前に5行のデータを作っていましたので、結果を見ていきます。

こんな感じで表示されます。

ちなみに、項目全部を表示させたいときは、「*」アスタリスクで、省略して書くことができます。

SELECT 
  *
FROM
  hironimoTable

これで、hironimoTableの全てのデータを表示するとなります。

Whereで、条件を指定する

全てのデータを取得するやり方は、わかったと思います。次は、条件を指定して、指定したデータのみを取得する方法をまとめていきます。

条件を指定するには、Where句を使用しましょう。

SELECT
  項目名
FROM
  TABLE名
WHERE
  項目名 = "・・・"

WHEREを追加することで、全てのデータではなく指定したデータのみを取得することができます。

例を見ていきます。先ほどのデータで、項目名(name)が「ひろにも」のデータのみ表示させたい場合、このように書きます。

SELECT 
  *
FROM
  hironimoTable
WHERE
  name = 'ひろにも'

結果

nameがひろにものみが表示されました。

また条件を複数に指定することもできます。条件を複数追加するには、ANDを使います。

SELECT
  項目1
FROM
  テーブル名
WHERE
  条件1
AND
  条件2

ちなみに、AND条件以外にもORで条件を指定することができます。覚えておきましょう。

具体的に記載していきましょう。cのデータを取得するSQLはこちらです。

SELECT 
  *
FROM
  hironimoTable
WHERE
  name = 'ひろにも'
AND
  animal = 'きりん'

結果
先ほどと同じデータが取得できます。

nameが「ひろにも」もしくは、animalが「ぞう」のデータを取得する書き方はこんな感じです。

SELECT 
  *
FROM
  hironimoTable
WHERE
  name = 'ひろにも'
or
  animal = 'ぞう'

結果

「ひろにも」と「ぞう」のデータが取得できました。

SELELCT文の最も基本的な使い方は、以上となります。

次は、データの登録、更新、削除のSQLの書き方をまとめていきます。

おすすめの記事