今回は、SQLServerのテーブル作成を、EXCELをインポートで作成する方法を紹介していきます。

普段からEXCELでデータを管理している人は、便利ですので是非参考にしてみてください。

テキストファイルからインポートする方法を知りたい人はこちらを参考にしてください。

それではさっそく見ていきましょう。

EXCELインポート

まずは、EXCELでデータを作成しましょう。

下のように、2シート作成しました。「ExcelTable」「ExcelTable2」

今回は、このEXCELを取り込んで、テーブルを作成していきましょう。

 

 

それでは、SSMS(SqlServer Management Studio)を立ち上げて、インポートしていきます。

インポートしたいデータベースを「右クリック」→「タスク」→「データのインポート」の順番で選択していきます。

すると下の画面が表示されると思います。「次へ」をクリック

まずは、コピー元の情報から入力していきましょう。

今回、コピー元はEXCELデータなので「Microsoft Excel」を選択していきます。

すると下のような画面になると思うので、ファイルパスとExcelのバージョンを選択しましょう。

入力が完了したら「次へ」をクリック

続いて、コピー先の情報を入力していきます。

SQLServerにテーブルを作成するので、変換先に「SQL Server Native Client 11.0」を選択しましょう。

SQLServerの接続情報を入力していきます。

接続ができたら、データベースを選択してください。私は「hironimoDB」を選択しています。

入力ができたら「次へ」をクリック

下の画面が表示されたら、上を選択して「次へ」をクリック

対象のEXCELファイルのどのシートをコピーするのかを選択していきます。

今回は、2シート作成しているので、「ExcelTable」「ExcelTable2」を選択していきます。

ここで変換先のテーブル名を変更できるので、好きな名前に変更しておきましょう!今回はそのまま行きます。

コピー先のテーブルの項目をしっかりと設定したいときは、「マッピングの編集」をクリック

「マッピングの編集」をクリックすると、下のような画面が表示されます。

ここで、「変換先の項目名」や「型」や「NULLの有無」や「サイズ(桁数)」を指定することができます。

設定ができたら「OK」をクリック

前の画面に戻ったら「次へ」をクリックしましょう。

下のような画面が表示されたら、「次へ」をクリック

「完了」をクリック

インポートが開始されます。

完了したら「閉じる」をクリック

それでは、インポートが完了しているか確認していきます。

そのままだと表示されていない場合があるので、データベース(hironimoDB)を「右クリック」→「最新の情報に更新」を選択しましょう。

すると2つテーブルが表示されました。データを確認すると、2テーブルともEXCELに記載したシートの内容が登録されていることを確認できましたね!

今回は以上になります!

まとめ

今回は、EXCELファイルをSQLServerに取り込む方法を紹介していきました。

EXCELファイルをよく使う人は是非参考にしてみてください。

 

SQLServerの記事一覧

おすすめの記事