データベースとは データベース入門

システム開発において、データベースは非常に重要な役割を持っていますが、
そもそもデータベースって何?という人のために簡単にまとめておきます。

データベースとは

データベース(database)とは一言でいうと、データを集めた集合体のことを言い、
データ(data)の基地(base)という由来で作成されています。

データベースの例としては、「スマホの連絡先(電話帳)」、「紙ベースの電話帳」、といったものがあげられます。
名前、電話番号、メールアドレスといったデータが集められているので、データベースと呼ばれています。

ちなみに、現在の主流のデータベースは、関係(リレーショナル)型データベースと呼ばれています。
イメージでいうと、EXCELの表のようなデータベースです。

名前、電話番号、メールアドレスなど1つ1つを「データ」と呼んでいます。
その「データ」の集合体、つまり電話帳のことを「テーブル」と呼んでおり、
さらにその「テーブル」の集合体のことをデータベースと呼んでいます。

EXCELでいうところの
EXCELのセルが「データ」
EXCELのシートが「テーブル」
EXCELのブック自体が「データベース」

こんなイメージを持つとわかりやすいと思います。

データベースのメリット

データベースのメリットについて考えてみましょう。
たくさんのデータを持っているときに、欲しいデータをすぐに取り出せないと困りますよね。

データベース化しておくことで、データの検索、データの編集、データのグループ化、データの並び替えを簡単に行うことができます。
その時のやりたいこと、目的に応じて自由にデータを取得することができるのが強みです。

例えば、先ほどの電話帳で例を挙げると、大量の連絡先から「ひろにもさん」を検索してください。と個人を特定する検索をかけることができたり、
電話帳に誕生日を登録しておくことで、この5月が誕生日の人の一覧を検索し、取得することができます。
ひとつひとつ探そうと思うと大変ですよね。

なのでシステム開発で、データの検索画面を作成しようと思ったら、
データベースからデータを検索してその結果を表示するなど、データベースはとても重要な役割を持っています。

 

データベースの製品

じゃあどうやってデータベースを作るの?って疑問がでると思いますが、
実はデータベースには様々な商品が存在しています。ですので有名なものをいくつか紹介しようと思います。

MySQL

まずは、MYSQLから紹介していきます。

MYSQLは、無料のオープンソースデータベースです。
特にWEBを作成する時に使用することが多く、ホームページを作成したりするときに、
WordPress(ホームページ作成ツール)とMySQLで作成したりします。
レンタルサーバを契約すると同時にインストールできるようになっていることが多いです。

https://www.mysql.com/jp/

Oracle

Oracleは、個人というよりは、企業が扱うデータベースというイメージがあります。
有料のデータベースで、大規模なシステム開発の場合によく使用されていました。
私は、Javaで開発を行うときにOracleをよく使っていました。

https://www.oracle.com/jp/database/

SQLServer

SQLServerは、MicroSoftが提供しているデータベースです。
企業で大規模に使うときは有料版で、個人使用など小規模で使うときは無料版があります。
MicroSoftが提供しているので、Windowsと相性がよく、MicroSoftの言語であるVB.NETやC#とも相性が良いです。

https://www.microsoft.com/ja-jp/sql-server/sql-server-2019

SQLite

SQLiteは無料でダウンロードすることができます。
Androidのスマートフォンアプリの開発を行うときに、SQLiteを使用することがあります。
スマートフォンの中にSQLiteがダウンロードされており、スマートフォンでもデータベースを扱うことができます。

https://www.sqlite.org/index.html

PostgreSQL

PostgreSQLも無料オープンソースのデータベースで、有名なデータベースなのですが、私は使用したことがありません。
使ったことがないのであまりわかりませんが、PostgreSQLの特徴は、Unixに対応していることです。
興味がある人は是非調べてみてください。

https://www.postgresql.org/

 

代表的な製品を5つ紹介しました。有名なデータベースはこれくらいだと思います。

まとめ

システム開発を行うときは、必ずと言っていいほどデータベースが絡んできます。
Oracle、MySql、SQLServerなど製品によって、それぞれ微妙に使い方が異なりますが、
基本的には同じなので1つの製品を扱えるようになれば、だいたいどの製品でも使えるようになれます。

 

このサイトでは、SQLServerの使い方を紹介しているので、是非参考にしてみてください。

SQLServerの記事一覧

コメント一覧
  1. 小林正樹 より:

    はじめて読ませていただきました。
    大変参考にありました。

    ひろにもさんの知見を、弊社e-Learningサービス「Aidemy」の教材コンテンツのひとつとして制作を依頼することが可能でしょうか?
    コース名は「データベース入門」です。
    初心者に向けて、「データベースとは?」、「それを活用するメリットとは?」、「データベースの種類」…など、良い面&悪い面も含めた
    初心者向けデータベース入門講座の制作を依頼できたらと考えております。
    お忙しいところ恐縮ではざいますが、ご関心がありましたら、ご返信いただけると幸いです(より詳細なご説明をさせていただきます)。

    • hironimo より:

      嬉しいお言葉ありがとうございます。
      是非よろしくお願いします。
      メールにも返信させていただきました。

コメントを残す

SQLの関連記事
おすすめの記事