SQLServer テキストファイル インポート

今回は、SQLServerのテーブルを作成する際に、テキストファイルを利用したデータのインポート方法を紹介していきます。

バックアップなどにもなり便利なので是非覚えておきましょう。

それではさっそく紹介していきます。

テキストファイルのインポート

まずは、インポートしたいテキストファイルを作成しましょう。

テーブル名を「textTable」という名前で書きのようなデータを作成しようと思います。

id   |nickName    |animal|height|weight
-----+------------|------|------|-------
00001|ひろにもさん|きりん |170   |55.5
00002|ひろにも    |きりん |160   |60.0
00003|ひろにも    |きりん |170   |70.0
00004|ひろにも    |きりん |180   |80.0
00005|ひろにも    |きりん |150   |90.0

 

実際はこんな感じになります。
各項目をカンマ区切りで作成しています。
(csvファイルは、Excelでも作成することができますね。)

 

インポートしたいテキストファイルの作成が完了したら、SSMS(SQLServer Management Studio)を立ち上げましょう。

そして、「対象のDBを右クリック」→「タスク」→「フラットファイルのインポート」

するとこのような画面が表示されたと思います。「次へ」をクリックしましょう。

インポートするファイルを選択する画面が表示されます。

参照ボタンから、インポートしたい対象のファイルを選択してあげましょう。

データのプレビューが表示されます。いい感じで表示されていますね!

たまに、文字化けしているときがあると思うのですが、

その際はテキストエディタ(メモ帳など)で文字コードを「UTF-8」に変換してあげるときれいに表示されると思います。

この画面では、列の変更を行うことができます。

「データ型」や「主キーの設定」や「NULLのありなし」を設定しましょう。

私は、idを主キーにしてみました。

OKであれば、「次へ」ボタンを押しましょう。

最後に確認画面が表示されるので、「完了」ボタンを押しましょう。

完了画面が表示されました。

これでインポートが完了しましたので確認してみましょう!

なぜか表示されていないので、DBを右クリックして、「最新の情報に更新」をクリックしましょう。

すると・・・

testTableが表示されましたね!

テーブルを右クリックして、「上位1000件の表示」からデータも見てみましょう。

テキストファイルのデータがインポートされていることを確認できましたね。

 

まとめ

今回は、テキストファイルをインポートして、テーブルを作成する方法を紹介しました。

バックアップやEXCELのデータの取り込みなどに使えるので是非参考にしてみてください。

 

SQLServerの記事一覧

 

おすすめの記事