Android Kotlin HelloWorldを表示

こんにちは、ひろにもです。

前回、Android Studioをインストールしましたね。

今回は、Hello Worldを表示させるところまでやってみましょう。

KotlinでHelloWorldを表示

新規プロジェクトの作成

Android Studioを起動すると、画面が表示されます。

Start a new Android Studio Project を選択しましょう。

次は、Empty Activityを選んでください。

 

Name:好きなアプリの名前を付けてください。今回はMy Application のまま作っていきます。
Language:Kotlinを選択しましょう。
Minimum API Level:一番低いAndroidのバージョンを選択。今回はAndroid7.0以上しか使えないアプリを作ってみましょう。

上記の入力が完了したら、Finishを押して完了!

ここから、初めての場合はインストールに時間がかかります。10分~20分くらい待ちましょう。

画面の一番したのBuildタブを開いて、Buildが完了したことを確認してください。このような画面が表示されると思います。

プロジェクトの作成はこれで完了です。

エミュレータの作成

次は、エミュレータを作成してみましょう。

上のタブから、Toolを選択し、SDKマネージャを選択しましょう。

次に、エミュレータでテストしたいAndroidのバージョンを選んでください。

(たくさん選ぶとインストールに時間がかかり、容量も使います。気を付けましょう。。。)

Acceptを選択 Nextで次に進みます。

インストールが始まります。しばらく待ちましょう。

次は、ToolタブからAVDManagerを選択します。

AVDマネージャが表示されます。

テストしたい端末を選択しましょう。今回はデフォルトのPixel2を作成

Androidのバージョンを選択。私はAndroid 8.0を選択してみました。動かしたいスマホのバージョンを入れてみましょう。

同意してNext

インストールが始まります。しばらく待ちましょう。

エミュレータに使うデバイスを選択します。

実行ボタンのNo devicesを選択し、Open AVD Managerを選択

先ほどと同じ手順を行い、下記画面が表示されてFinishをする。

実行すると、エミュレータが起動しました!

Android Stuidioから実行ボタンを押下してみましょう。

エミュレータにアプリがダウンロードされます。

 

これでようやく、Hello Worldが表示されましたね。

インストールが多くて大変ですねー

ちなみに実機がある場合は、エミュレータを使う必要はないです!USBで実機をつないで、実行ができます。

おすすめの記事