今回は、VBAを利用したセルの背景色の変更方法を紹介していきます。

セルの背景色を変える方法を2つ紹介していきます。

それではさっそく始めていきましょう。

セルの背景色を変更 ColorIndex

ColorIndexプロパティを利用したセルの背景色を変更する方法を紹介します。

Cells(1, 1).Interior.colorindex = CorlorIndex(0~56)

 

上記のように「Interior.colorindex」と記載することで、背景色を変更することができます。

ColorIndexは、0~56まで存在しています。

 

それでは例を見てみましょう。

Cells(1, 1).Interior.colorindex = 1
Range(Cells(2, 1), Cells(2, 5)).Interior.colorindex = 10

 

結果

結果を見ると、背景色が変更されていることが確認できました。

「Cells」で1セルずつ色を変えることもできますし、「Range」で一括で変更することもできます。

 

「ColorIndex」 56色は下記のようになります。

「ColorIndex = 0」は塗りつぶしなし、なので初期化するときなどに使いましょう。

 

Interior.Color RGBで設定する

ColorIndexより細かく色を付けたい場合は、RGBを利用して色を変えることができます。

使い方を見てみましょう。

Cells(1, 1).Interior.Color = RGB(0, 0, 0)

このように記載することで、色を変更することができます。

RGBそれぞれ、「0~255」の間を設定することができます。

 

例を見てみましょう。

Cells(1, 1).Interior.Color = RGB(255, 0, 0)

結果

Rのみ255にしたので、背景が赤色に変わっていますね。

このように細かく調整することができます。

 

最後に、RGBを確認する方法を紹介しておきます。

背景色がついているセルを「右クリック」→「セルの書式設定」

「塗りつぶし」タブを選択し、「その他の色」を選択

「ユーザー設定」タブを選択し、「赤、緑、青」のところに、RGBで設定した値を確認することができます。

このように、RGBの色を調べることができるので、変えたい色があれば調べてみましょう。

 

まとめ

VBAで背景色変更することができます。

色を変えることができると、エラーが発生したセルを赤くするなどいろいろできると思うので押さえておきましょう。

 

EXCEL VBAの記事一覧

おすすめの記事