今回は、EXCEL VBAを利用した、セルの値を設定する方法を紹介していきます。

基本的な内容で、一番よく使用する内容です。

とても簡単ですので、是非押さえておきましょう。

セルの値を設定する

セルの値を設定するには、「Cells」を利用しましょう。

Cells(行, 列).Value = 値

上記のように、Cellsに行と列を設定することで、どのセルに値を設定するのか指定することができます。

このようにセルの値を設定していくことができます。

 

実際に、例を記載してみましょう。

Cells(1, 1).Value = 1
Cells(1, 2).Value = 2
Cells(1, 3).Value = 3

結果

このように、1行目の1~3列に値を設定することができました。

ちなみに「.value」は省略することもできます。

 

Rangeを利用したセルの値設定

セルの値を設定するには、「Range」を利用する方法もあります。

「Range」は、複数のセルに対して値を設定するときに利用するのですが、今回は1セルに対して利用する方法を紹介します。

複数セルのRangeの使い方はこちらで紹介しています。

それでは見ていきましょう。

Range("セル") = 値

 

使用例を見てみましょう。

Range("A2").Value = "A"
Range("B2") = "B"
Range("C2") = "C"

結果

このように"A2"とセルの範囲を指定することで、セルの値を設定することができます。

ちなみに「A」や「B」など数字ではなく文字を入力したいときは「”(ダブルコーテーション)」でくくりましょう。

 

 

サンプルソース

最後にサンプルソースを残しておきます。

ボタンを押下することで、セルを入力するようにしています。

ボタンの作り方は、こちらを参考にしてみてください。

ソース

Private Sub btnCellValue_Click()

    Cells(1, 1).Value = 1
    Cells(1, 2).Value = 2
    Cells(1, 3).Value = 3
    
    Range("A2").Value = "A"
    Range("B2") = "B"
    Range("C2") = "C"

End Sub

 

結果

 

まとめ

今回は、VBAを利用して、エクセルのセルを入力する方法を紹介しました。

とても基本となる動きなので、是非押さえておきましょう。

 

EXCEL VBAの記事一覧

おすすめの記事