EXCEL VBA 入門 開発タブを追加しよう

今回は、EXCELのVBAを紹介する前に、開発タブの追加方法を紹介していきたいと思います。

VBAの開発の前準備として、やっていきましょう。

EXCEL 開発タブの表示

まずは、EXCELを開いてください。開いたら、「ファイル」をクリックしましょう。

下の画像のような画面が開けたら、「オプション」をクリックしましょう。

Excelのオプションという画面が表示されるので、左のメニューから「リボンのユーザー設定」をクリック、

次に画面右側のメインタブの中から、「開発」という項目にチェックを入れましょう。

チェックを入れたら、画面右下の「OK」ボタンをクリックしてください。

これで、EXCELのタブに「開発」タブが追加されたと思います。

この開発タブから、ボタンやテキストボックスを追加して、VBAの処理を作ることができます。

 

まとめ

開発タブは無事に追加できましたか??

今回は前準備だったので、次回からVBAの使い方について紹介していきたいと思うので、是非見ていってください。

 

おすすめの記事