C# 配列

こんにちは、ひろにもです。

今回は、C#での配列の使い方を紹介していきます。

C# 配列の使い方

配列とは、複数の値を入れることができる変数のことです。

配列の宣言

int型の配列の作成、要素数は5つです。

int[] i = new int[5];

結果

i[0]=0
i[1]=0
i[2]=0
i[3]=0
i[4]=0

 

string型の配列

string[] s = new string[5];

結果

s[0]=""
s[1]=""
s[2]=""
s[3]=""
s[4]=""

配列の初期化

配列を宣言し、初期値を設定する方法。

int型

 int[] array = new int[] { 1, 2, 3, 4, 5 };

結果

array[0]=1
array[0]=2
array[0]=3
array[0]=4
array[0]=5

string型

string[] array = new string[] { "a", "b", "c", "d", "e" };

結果

array[0]="a"
array[0]="b"
array[0]="c"
array[0]="d"
array[0]="e"

任意の値を配列に代入する

宣言した、配列に任意の値を代入してみます。

int[] array = new int[10];
            
for (int i=0; i < 10; i++)
{
    array[i] = i;
}

for (int k = 0; k < array.Length; k++)
{
    Console.WriteLine(array[k]);
}

結果

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

まとめ

今回は、C#での1次元配列の使い方を紹介しました。

是非参考にしてください。

int[] i = new int[5];

int[] array = new int[] { 1, 2, 3, 4, 5 };

 

おすすめの記事