C# EXCEL操作 新規ブック作成

C#で、新しいEXCELを作成する方法を紹介していきます。

EXCEL出力機能をシステムにつけたい場合に使用します。

他にもEXCEL操作関係の記事を記載していますので、参考にしてみてください。
C# EXCEL操作 値の入力
C# EXCEL操作 罫線の引き方
C# EXCEL操作 背景色変更
C# EXCEL操作 フィルター設定

参照設定の追加

EXCELを操作するために参照設定の追加を事前に行う必要があります。

ソリューションエクスプローラの「参照」を「右クリック」してください。

「参照の追加」を選択

「COM」を選択し、「Micorosoft Excel xxx Object Library」を選択しましょう。
(xxxの部分は、Excelのバージョンによって異なるので、注意してください。)

参照設定の追加が完了したら、コードの初めに下記内容を記載してください。

using Excel = Microsoft.Office.Interop.Excel;

これで準備は完了です。

新規ブック作成

ブックを作成するサンプルを紹介していきます。

Excel.Application excelApp = new Excel.Application();
Excel.Workbooks excelBooks = excelApp.Workbooks;
Excel.Workbook excelBook = excelBooks.Add();
Excel.Worksheet sheet = excelApp.Worksheets["sheet1"];

try
{
    excelApp.Visible = false;
    sheet.Cells[1, 1] = "名前";

    excelBook.SaveAs("D:\\NewExcelBook_csharp.xlsx");
}
catch
{
    throw;
}
finally
{
    excelApp.Quit();
    System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(sheet);
    System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(excelBook);
    System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(excelApp);
}

解説
1~4行目:EXCELのブックとシートを作成
8行目:EXCELを非表示にする。Trueにすると、EXCELが表示される。
9行目:データの値を入力 
11行目:指定したパスにエクセルを保存
19行目:エクセルを閉じる
20~22行目:メモリの開放

結果

指定したファイルパスに、EXCELが出力されていることが確認できました。

サンプルソース

ボタン押下時に、エクセルを出力するサンプルになっています。

using System;
using System.Data;
using System.Windows.Forms;
using Excel = Microsoft.Office.Interop.Excel;

namespace c_sharp
{
    public partial class frmExcel : Form
    {
        public frmExcel()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            Excel.Application excelApp = new Excel.Application();
            Excel.Workbooks excelBooks = excelApp.Workbooks;
            Excel.Workbook excelBook = excelBooks.Add();
            Excel.Worksheet sheet = excelApp.Worksheets["sheet1"];

            try
            {
                excelApp.Visible = false;
                sheet.Cells[1, 1] = "名前";

                excelBook.SaveAs("D:\\NewExcelBook_csharp.xlsx");
            }
            catch
            {
                throw;
            }
            finally
            {
                excelApp.Quit();
                System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(sheet);
                System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(excelBook);
                System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(excelApp);
            }
        }
    }
}

 

まとめ

今回は、C#でEXCELを作成する方法を紹介していきました。

特に、初めの「参照設定の追加」を忘れていると使用できないので、忘れないようにしてください。

 

C#の記事一覧

おすすめの記事