C#における、明細(datagridview)の背景色をつける方法を紹介していきます。

それでは、さっそく紹介していきます。

DataGridView 背景色変更

まずは、DataGridViewのすべての背景色を変える方法を紹介します。

dataGridView1.DefaultCellStyle.BackColor = Color.Yellow;

このように記載することで背景色を変更することができます。

交互に背景色を変更する

続いて、交互に背景色を変更する方法を紹介します。

明細の行が見やすくなるので、おすすめです。

//背景色
dataGridView1.DefaultCellStyle.BackColor = Color.WhiteSmoke;

//交互に背景色を付ける
dataGridView1.AlternatingRowsDefaultCellStyle.BackColor = Color.Lavender;

交互に背景色が変更されていることが確認できましたね。

指定したセルの背景色を変更する

続いて、指定した1つのセルの背景色を変更してみましょう。

//背景色
dataGridView1.DefaultCellStyle.BackColor = Color.WhiteSmoke;

//奇数行に背景色を付ける
dataGridView1.AlternatingRowsDefaultCellStyle.BackColor = Color.Lavender;

//セル単位で背景色を付ける
dataGridView1.Rows[0].Cells[0].Style.BackColor = Color.Yellow;

 

先ほどと同じように交互に色を付けつつ、最初のセルを黄色に変更してみましょう。

最初のセルが黄色になっていますね。

 

指定した行の背景色を変更する

指定した行の色を変更する方法を紹介します。

2行目を青色にする、コードを記載してみましょう。

//2行目を青色にする
dataGridView1.Rows[1].DefaultCellStyle.BackColor = Color.Blue;

このように、2行目が青色になっているかと思います。

 

指定した列の背景色を変更する

指定した列の背景色を変更する方法を紹介していきます。

//2列目を灰色にする
dataGridView1.Columns[1].DefaultCellStyle.BackColor = Color.Gray;

指定した2列目の背景色が灰色に変更されました。

 

まとめ

このように明細(DataGridView)の背景色を自由に変更できます。

エラーが発生した行やセルを赤色に変更したり、様々な用途があると思うので、是非参考にしてみてください。

 

C#の記事一覧

おすすめの記事